スクリーンショット 2015-02-07 22.54.31

オンラインギャラリーサービス『SHOT JAPAN GALLERY』の追加機能として、アクリルやアルミなどの特殊なフォトフレーム加工の販売機能「SHOTスペシャルパッケージ」をリリースしました。

これまでの、プリント販売、ダウンロード販売に加えて、写真の額装加工を販売ラインナップに追加できるようになります。加工パターンは、ブックマット、ウッドパネル、フォトアクリル、アルミ複合版の4種類。

「SHOTスペシャルパッケージ」の商品は、商品注文後にオンデマンドで提携プロラボにて制作、発送を行いますので、フォトグラファーは在庫を抱える必要がありません。今回の販売パターン拡張により、アート作品のコレクションやギフト需要のニーズに対応をしていきます。

<SHOT スペシャルパッケージ ラインナップ>


ブックマット スクリーンショット 2015-02-07 00.57.58
紙:2.0+2.0mm 厚
ブックマット加工とは、無酸性のブックマットに写真をコーナーポケット(三角コーナー)で固定し、額装展示する加工方法です。写真にとって一番伝統的な展示加工と言えるでしょう。バライタプリントの額装展 示における 最もスタンダードな加工です。 基本的にプリントを直接加工せずマウンティングできるので、プリントに手を加えたくない場合は、こちらをおすすめします。また素材構成を変えることにより、長期保存にも対応できます。 保存と展示の両方の面から考えられた展示方式です。

ウッドパネル
スクリーンショット 2015-02-07 00.58.15
ウッドパネル加工とは、木のパネルに写真を貼込む展示加工です。長年親しまれてきた加工方法で、取り扱 いや展示が容易な点で根強い人気があります。木製パネル加工は丈夫なので、巡回展などにおすすめです。

フォトアクリル
スクリーンショット 2015-02-07 00.58.24
厚さ:5mm
フォトアクリル加工とは、写真をアクリル板の裏側に貼り込み、裏に木製の吊り枠を付けて飾る展示加工で す。アクリルにより、写真の印象がクリアになり、奥行き感も強調され、浮かび上がる様なイメージになり ます。比較的明るい写真に向いているかもしれません。

アルミ複合版
スクリーンショット 2015-02-07 00.58.37
アルミ複合板裏打ち加工とは、アルミ複合板(プラスチック心材をアルミニウムでサンドした合板)に写真 を貼込む加工です。通常、ゲタとして木枠を付け、壁から浮かせて展示します。大きな写真を額装する際に も使用されます。